ロゴ画像1

Photo Story

No.3 Autumn 2001

with 1984 300ZX "50th Anniversary"

 アイツと別れてもう半年になる―。



 今日はアイツとの約束の日。アイツとまた会う約束をした日―。

 アイツは自分勝手で、約束なんて守らず、ワガママで、意気地なしで、カッコつけで、本当に…本当にどうしようもないヤツ―。


 このままじゃあ、私までダメになる―。

 そう思って別れたのが半年前―。



 ただ…。なぜだかその時、本当に何故だかわからず、あいつにチャンスをやった。

「初めて会った日を覚えてる―?二人が出会った、あの店でもう一度会いましょう…」って―。



 我ながら馬鹿だなと思った―。



 そんな約束なんかしなくたって全然イイのに…


 そんな約束なんて守らなくたって別にイイのに―。



 でも、私はこの店にやってきた…。





 そのうちライブがはじまった。

 ちょっとイイ感じなR&Bが流れてくる…。


「Wonderful tonight」―


 そうだ…。初めてアイツに会ったときにもこの曲を聴いた。

 あの頃からアイツは本当にカッコつけだった…。

 私の前で虚勢を張って、イイトコを見せようとして、無茶をして…。




 そして、少しだけ可愛げがあったかな?



 そんなふうに、ほんの少しだけアイツのことを振り返ってみた―。

 この半年間でアイツはなにか変わったかな…?


 でも…。



 アイツは現われない―。

 約束の時間を二時間過ぎても現われない―。

 相変わらずぜんぜん約束の時間を守らないヤツ…。

 それとも―。もともと守る気がなかったのかな…?


 見限られたのは…私の方か…。


 何か…いやな日ね…今日は…。


 バカなアイツの…見限ったアイツのために…泣いてしまう私がいる…。






 そしてライブは今日最後の曲へと差し掛かった…。


 「LAYLA」―


 寂しい…寂しい愛の歌…

 さぁ、私も店を後にする支度をしなくちゃね―。



 でも…。そんな寂しげな曲にまぎれて…バカなアイツのクルマの音が聴こえる気がした。
PLACE: LIVE&BAR Antique' Noёl'

- f i n -

  MODEL:NAO