ロゴ画像1

Photo Story

No.5 2004 late SUMMER
with 1986 300ZX (EXPORT MODEL)


 私には憧れがある。


 それは身震いするようなスピードに対する憧れ。


 最初はスキーだった。激しくポールを突き伏せながら、どれだけ速いタイムで滑れるかが楽しかった。


 その次がバイク。はじめて乗ったのが子供用のモトクロスバイクで、ダートを誰よりも速く走ることに夢中になった。


そして、今は180SX。


 このクルマで峠やミニサーキットを走り回り、それなりに手ごたえも感じるようになってきた。


 仲間内でもそう簡単には負けないようになってきたしね。




 ただ、それ相応の傷みも激しくなってきて、このクルマの限界も見えてきたのだけど…。

 これ以上の速さを求めるなら、そろそろクルマを変えないとね。



 そう思っていたとき、不思議なクルマに出会った。


 形は180SXに似ているけど、もう20年近くも前のフェアレディZ。


 太いタイアをはめて、いかにも「すごいぞオレは!」的な感じがするヤツ。


 朝早く地元の峠を流してるとき、そいつが後ろに張り付いてきた。


 でも、まぁ、古いし重量級のクルマ、峠の走りには向かないでしょう?だけど、ちょっと面白そうかな?


 そう思って一旦、Zを先に行かせたら…


 もうぜんぜん追いつけない!

 直線速いし、コーナーを3つも数えたら、視界に入らないくらいに離されてしまった。


 おかしい?オカシイ?なんで?


 いろんなクエスチョンが私の頭をよぎっていく。

 Zもいろいろチューニングをしているだろうけど、やはり旧いクルマ、180SXの方がまだ優位なところが多いはずなのに…。


 その後も同じ場所、同じ時間帯で、そのZに遭遇してはアッサリ追い抜かれることが続いた。

 ただ、何回か見ているうち、いろいろ観察することはできた。



 ブレーキはホントにわずかしか使わないこと。

 アクセルコントロールでクルマの向きを変えるクセがあること。

 立ち上がり、ゼロカウンターで脱出の姿勢を作っていること。


 そう、多分「Z」が速いんじゃなくって「Zとそのドライバー」が速いのだということがわかってきた。


 ―イイな…クルマとのそんな関係…と正直に思えた―。


 私はスピードに憧れている。


 そのためなら、別にクルマでなくったって構わないくらいに。


 私と、あのZの彼とでは、クルマとの付き合い方が違うのだ。


 それはそれでイイ。


 でも、彼を少し羨ましく思えてくる自分がいる。



 今度、あのZと出会うとき、また簡単に抜かれてしまうのだろうけれども、今ある私の全ての力で彼と彼のZを追いかけてみよう―。





 それと、私ももう少しこの180SXと付き合っていこう―。



 そんな風に思えてきた自分が不思議で、そして新鮮でならない。
- f i n -


  MODEL:MAYUMI